「 elan vital − 私は一点を見つめる − 」

 出演 阿部真理亜 / 朝倉千恵子 / 岡安夏音子 / 酒井直之 / 島田惇平 / 高木遊 / 徳永咲子 / 西野瑞穂 / 野田淳貴

 語り 太田真晴

 翻訳 河内志織

 協力 宇佐美奈緒 / 及川菜摘 / 清水潤 / 布施琳太郎 / 渡辺志桜里

 主催 山本一誓(hyphen)

 パフォーマンス演出・テキスト 阿部真理亜

 企画・監督・撮影・編集    佐藤友理

 2020年2月に自由が丘・hyphenにて発表した、佐藤友理・阿部真理亜によるビデオインスタレーション作品。

 展示空間に長年置かれていた7種類のアンティークチェアをモチーフとし、それ一つ一つに対応する物語を制作した。

 メインの映像1作品と、額装したiPadによって個別に再生される7つの映像を、空間上でモンタージュすることを試みた。

 

 −−−−−−−−−

 “罪”とは何でしょうか

 社会には道徳という善悪の規範が存在します

 習慣や文化、個人としての経験や生得性によって大きく異なる道徳は

 時代や環境の状況・属する宗教の有無などにより、軽視されたり、重視されたり、改革されたり

 変容し続けてきました

 

 個人に価値が与えられる時代となった今

 人は権利と自由を尊重し、自分自身の表現を日々営み

 より一層多様化した“欲求”というものと正面から向き合っています

 

 時にそれは、社会との断絶、他者との対立、自身の崩壊をも生み

 善悪すら忘れた“盲目的な自分との対話の時間”を作りました

 

 élan vital とはフランスの哲学者アンリ・ベルクソンの造語であり

 “内的衝動によって進化する生命の躍進力”を意味します

 

 本企画では“罪”という行為を導く感情と見なされ

 社会の波に埋もれてしまっていった欲求が作りだす

 人間のエネルギーを写し出します

 −−−−−−−−−

Video flier

Text / Maria Abe

​Exhibition